さくら建築塗装

なぜ塗り替えが必要なの?

建物の劣化


私達が生活している大切な家は、強い日差しや雨・風に晒されています。また地震などの災害、環境汚染による酸性雨、こういった厳しい自然環境の中で建物は日々、劣化していきます。

塗り替え塗装を施すことによって、建物の劣化・老朽化を少しでも遅らすことができるのです。

そのためにも建物のSOSを見逃さないように、時には点検することも必要です。

住まいのSOSを見逃さないで!

外壁目地のひび割れ

外壁材(サイディング等)のひび割れの原因は様々です。
乾燥・湿気・風雨・地震などによっておこります。
怖いのは、ひび割れた状態のままにしておくと雨水が入り込み、雨漏りが進行し、内部を腐らせることになります。

外壁塗装を行う際は必ず下地調整を行います。
下地調整とはひび割れ箇所を適切に補修します。
その後、塗装作業に入ります。

破風板の劣化

軒下ベニヤ板の剥れや破風板の劣化は雨漏りの原因となります。このままの状態で放置すると、屋根全体の老朽化の進行を早めることにもなります。
木材は劣化が早いため定期的な点検も必要です。





モルタルのひび割れ

こちらも漏水の原因になります。
また、外壁を手で触ったときに手に白い色がついた場合は塗膜の防水効果がなくなっている現象です。(チョーキング現象)外壁塗装の塗り直しをする時期であると考えられます。


放射線測定値

御契約いただいたお客様に放射線量の測定サービスを実地しております。<放射線測定の詳細>

施工事例

施工前と施工後を画像でご覧いただけます。<施工事例>

自然塗料

お客様が安心して暮らせる家をめざし、環境や自然に優しい塗料を使用しています。<自然塗料>

施工の流れ

ご相談、御見積もりから施工が終わるまでの流れをご確認いただけます。<施工の流れ>

外壁塗装の基礎知識

これからもずっとこの家に住み続けたい。そんなお客様に塗装の重要性を知っていただきたいと思います。<外壁塗装の基礎知識>

スタッフ紹介

施工スタッフをご紹介します。
<施工スタッフ紹介>